バフ研磨・サンドブラスト加工・切削加工の浩伸技研。アルミ切削加工の流れについて
HOME > アルミ切削加工 > アルミ切削加工の流れ

アルミ切削加工の流れ

アルミ切削加工の手順

パソコン入力〜データ転送
パソコン入力
図面などから切削する数値を入力していきます。↓
データ転送
パソコンからマシニングセンターにデータを転送します。
↓
製品セット〜切削スタート
製品セット
切削する製品をマシニングセンターにセットします。↓
切削スタート
マシニングセンターの画面で入力数値などを再確認し、
切削していきます。
↓
切削中
切削中
マシニングセンターが指定した切削を行っているか
常に確認し、慎重に作業を進めていきます。
↓
切削終了
マシニングセンターから切削した製品を取り出し、
寸法などに狂いがないか最終確認を行います。
↓
納品
納品
研磨などが必要であれば、製品に応じた
加工処理を施し納品となります。

実際の切削加工製品はこちらからご覧いただけます。

アルミの切削加工 | アルミの切削加工の流れ | アルミの切削加工素材

お問い合わせはこちら
Tel : 044-299-3991 E-mail : info@koushingiken.co.jp

バフ研磨・サンドブラスト・切削加工に関する、 各種お問い合わせは
フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム お見積もりフォーム

このページのトップへ


ホーム サイトマップ