バフ研磨・サンドブラスト加工・切削加工の浩伸技研。切削加工素材について
HOME > アルミ切削加工 > アルミ切削加工素材

アルミ切削加工素材

浩伸技研で取り扱うアルミ素材の一部をご紹介いたします。ご注文時のアルミ選定の参考にお役立てください。
これらの素材のほかにもさまざまな素材に対応しております。詳細についてはお問い合わせください。

A5052

JIS規格

H4000、A5052P

特徴

52SとはA5052の旧呼称です。5000系のAl-Mg合金で中程度の強度があり、耐食性、溶接性が良好なアルミ合金です。

使用される主な製品

薄版から厚板まであらゆる分野で用いられます。

A1050

JIS規格

H4000、A1050P

特徴

1000系のAl純度99.5%以上の純アルミニウムで電気・熱伝導性、曲げ絞り加工性、表面処理性に優れ、耐食性はアルミニウム合金中、最良のものです。一般に純アルミは合金アルミに比べ強度は劣ります。

使用される主な製品

主に熱交換器、科学装置、装飾品、複写機ドラム、配管そのほか一般に用いられます。

A6061

JIS規格

H4000、A6061P

特徴

61SとはA6061の旧呼称です。6000系のAl-Mg-Si合金で、熱処理型の耐食性合金です。強度と耐食性が高レベルでバランスのとれている素材です。

使用される主な製品

主にリベット用材、自動車用部品、半導体製造装置などに用いられます。

A7075

JIS規格

H4000、A7075P

特徴

75SとはA7075の旧呼称です。7000系のAl-Zn-Mg合金でアルミニウム合金中、最高の強度をもつ合金のひとつです。

使用される主な製品

主に航空機部品や各種金型などに用いられます。

アルミの切削加工 | アルミの切削加工の流れ | アルミの切削加工素材

お問い合わせはこちら
Tel : 044-299-3991 E-mail : info@koushingiken.co.jp

バフ研磨・サンドブラスト・切削加工に関する、 各種お問い合わせは
フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム お見積もりフォーム

このページのトップへ


ホーム サイトマップ